プレスリリース:ES、iPS細胞から効率的に骨格筋を分化させる方法を開発

慶應義塾大学医学部 坂口光洋記念講座(システム医学)洪実教授らは、ヒト多能性幹細胞であるES細胞、iPS細胞から、5日間で80%以上という、短期間勝高い確率で骨格筋細胞に分化させる「細胞分化RNAカクテル」の開発に成功しました。
本研究の成果は、骨格筋細胞の基礎研究のみならず、骨格筋の異常で起こるさまざまな病気の病態解明、治療薬の開発などに役立つことが期待されます。
[link:1] プレスリリース(システム医学 洪実教授)
[link:2]nature.com/scientific reports